今年4月より、秋の取り組みからの継続議題であった休日増が実現しました(110日→111日/年間所定労働時間1912.5時間→1905時間)。今回の1休日増は年間所定休日120日に向けた大きな一歩であり、引き続き上部団体であるCNDの統一要求のもと休日増の取り組みを進めてまいります。